忍者ブログ
SAF1は撤退してしまいましたが、そのDNAを受け継いだF1界の侍・佐藤琢磨を応援するとともにF1ニュースやレース結果を中心に書き綴ります。 『まだだ、まだ終わらんよ…SAF1はあと○年は戦える!!』
[144]  [143]  [142]  [141]  [140]  [139]  [138]  [137]  [136]  [135]  [134
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

突然の手切れ話で存続の危機に瀕しているスーパーアグリ。
打開策としてはHONDAの支援がひとまず必要だろうと皆が思っています。

FMotorsportsより
スーパー・アグリ、当面ホンダが支援か
チーム株式売却交渉が成立直前で破談となってしまった『スーパー・アグリ・F1』、直接の交渉相手だったイギリスのマグマ・グループ・サイドでも困惑を隠せない様子だ。
同グループによれば、実際に出資する筈だったのはUAE(アラブ首長国連邦)の投資会社である『ドバイ・インターナショナル・キャピタル』という会社だが、今週突然キャンセルを通達してきたもので、同グループでも事情をつかむのに翻弄されているという。

もちろん一番困っているのはスーパー・アグリ自身で、来週のスペインGPを前に鋭意行っていた準備も中断状態という。
鈴木亜久里代表も、今週行われるもてぎでの『インディ・ジャパン』への出席を急きょキャンセルし事態の打開に奔走している模様。

同チームの今後についてイギリスのメディアでは、当面はチーム設立時からの母体であったホンダが再び支援の手を差し伸ばさざるを得ないのでは、と報じている。
(万一スペインGPを欠場した場合、FIAから巨額の制裁金が科せられる見込みだ)


マグマ大使も困惑していると言っているようです。今回の一件では"UAE(アラブ首長国連邦)の投資会社である『ドバイ・インターナショナル・キャピタル』"という会社が突然断ったということなので、ある意味マグマも被害者といえば被害者。
しかしそんないい加減なことを言ってくるところを当てにしてたマグマに非は無いとは言えません。
ってかグループ内に協力する企業はおらんのかい?!

それとHONDAですが、肉フライからコメントが出てこないのは何ででしょう?
そもそもマグマを紹介した肉フライは今回の一件をどうとらえてるんでしょうか?
HONDAのスポークスマンからはこんなふざけた発言も…

F1-Live.comより
SUPER AGURI救済を否定するHonda~自分たちの未来は自らの手で守るしかない…~
17日(木)、Hondaが財政難に苦悩するSUPER AGURI救済を否定した。

マグマ・グループとの提携破談が明らかとなった水曜日、チーム関係者らは別の買い手が見つかることだけでなく、バーニー・エクレストンあるいはHondaによる企業救済を願っていると述べていたのだ。

2006年シーズンに先だって、Hondaの支援を受けて創設されたSUPER AGURIは日本の自動車メーカーである本田技研工業株式会社とF1のライバルチームであるHonda Racing F1がマシンやエンジン、技術、そして財政的な支援を行ってきた。

Hondaが自チームの活動に専念するため、支援を縮小しようとしていると見られており、SUPER AGURIにとっては苦しい状況が続く。

Hondaのスポークスマンはフランスの『AFP』通信に対し、「われわれは現在の体制でSUPER AGURIへの支援を継続するつもりです」とコメント。

また、同スポークスマンはマグマ・グループとの契約が白紙となったことで、SUPER AGURIから財政的な支援要求があったという報道を否定した。



あっさり救済を否定しやがった(-"-怒)


HONDAといっても日本の本田技研ではなくイギリスの名前だけのHONDAが言ってるんでしょうけど、なぜ救済処置の手助けができん?
金を投入できずとも、スーパーアグリを買収してくれるところを探すぐらいできるんちゃう?マグマだけじゃなしに。

アガクへの売却話はあったかどうか不明ですが、インドのスパイスグループのときは肉フライがアンソニーの代わりにカーティケアンを乗せることを拒否したため無くなり、フライの友人のマーチン・リーが率いるマグマ大使が来ましたが結局この状態。

スーパーアグリへのリソースを減らしたいって言ってたんなら最初からスパイスグループへの売却を了承しておけばよかったんちゃう?

HONDAの支援なしでは今日までやってこれなかったでしょうけど、それがかえって足を引っ張る形になっています。

ぶっちゃけた話、HONDAのスタッフよりスーパーアグリのスタッフの方が優秀でしょう。
4年落ちのマシンで作ったSA05、その改良版のSA06、そして今年のSA07Bなんかはテストもなしでよく食らいついていると思う。限られた予算でこれだけのマシンを作れるのは、ひとえにスタッフの技術とたゆまない努力、そしてドライバー琢磨のがんばりであったと思う。
優れた技術を持っているにもかかわらず、結局金の問題で存続できなくなるかもしれないなんて…

イギリスHONDAはほっといて日本の本田技研さん。
しばらくの間でいいから何とかスーパーアグリを助けてあげてください!!

スーパーアグリに残された期間はあと少ししかないです!!

F1-Gate.comより
スーパーアグリ、スペインGP参戦への期限は3日間  2008年4月17日
マグマ・グループとの交渉が決裂したことが明らかになったスーパーアグリは、来週27日に開催されるスペインGPに出走するか否かを3日以内に決断しなければならない。

スペインGPに間に合うようにトランスポーターをサーキットに到着させるためには、スーパーアグリは今週土曜日にリフィードのファクトリーを出発する必要がある。

スーパーアグリF1チームの内部関係者によると「3日以内に代替案を見つけなければならない」という。彼はドイツの“Auto Motor Und Sport”に対し、「「資金を見いだせなければ、レースに参加することはできない」と現状を語った。

スーパーアグリは、チーム支援者のHondaからの企業救済、または、グリッドを全て埋めておきたいバーニー・エクレストンの救済措置を期待している。

噂では、ドイツ企業やアメリカ系グループ企業が今もスーパーアグリの買収に興味を持っていると言われている。


興味を持っていると言われるドイツやアメリカ系の企業のも皆さん!!
どうかスーパーアグリを助けてやってください!!


※追記
F1通信より
スーパーアグリの危機、ホンダは静観
スーパーアグリF1は、財政難に苦しむチームを救済する投資家が契約を撤回したため大きな打撃を受けており、存続が危ぶまれている。

日本人の元F1ドライバー鈴木亜久里が2005年末に設立したこのチームは、4月27日に開催されるスペインGPのグリッドに並ぶことができるかどうか懸念されている。

先月、フォードとマセラティの元幹部マーティン・リーチ率いる英国の自動車産業コンサルタント・マグマ・グループが、チームの買収交渉をしていることが明らかになった。

スーパーアグリに対してエンジンなどの支援を行っていたホンダも交渉に加わっていた。

しかしスーパーアグリは16日夜、マグマから「予定していた買収に資金を提供する投資家らの意図がなくなったことを知らされました」と発表した。

チームは声明のなかで「鈴木亜久里がチームの将来を検討せざるを得なくなったことは大変残念ですが、他のパートナーとの交渉は続いています」と述べた。

F1コメンテーターのデイヴィッド・クロフトはBBCに、マグマの主要投資家であるドバイ・インターナショナル・キャピタルは「約5,000万ポンド(9,850万ドル)相当の買収価格の引き下げに行き詰ったのだろう」と語った。

彼は「その金の大半は、スーパーアグリのマシンの製造・供給を担当していたホンダF1に行く」と語った。

「ホンダを説得して価格を引き下げることができれば、取引は復活するはずだが、チームは早急に解決策を見つける必要がある」

ホンダのスポークスマンは「スーパーアグリに対して現在の支援体制を続けるつもりだ」と語った。

ホンダによる支援が必要であるという報道にもかかわらず、彼はスーパーアグリからの財政的救済案の要請はないと述べた。

チームは開幕3戦でポイントを獲得しておらず、資金難のためスペインGP前のバルセロナ・テストも欠席した。

チームドライバーのアンソニー・デビッドソンと佐藤琢磨は、オーストラリアの開幕戦では完走できなかった。これまでの最高結果はマレーシアにおけるデビッドソンの15位。

チームは昨シーズンは4ポイントを獲得し、コンストラクターズ・チャンピオンシップでは11チーム中10位であった。

1990年日本GPで3位に入賞してF1表彰台に初めて立ったアジア人、鈴木が率いるチームは当初はオール・ジャパンのコンストラクター、エンジン、タイヤ・サプライヤー、ドライバー(佐藤と井出有治)であり、スポンサーもほとんどが日本企業であった。

しかし井出は4戦出走後、技術不足のためF1ライセンスを剥奪され、フランス人のフランク・モンタニーと交代した。

2007年香港の石油・ガス貿易会社SSユナイテッド・グループがスーパーアグリのタイトル・スポンサーになったが、スポンサーシップ料の支払いを怠った。

度重なる財政問題のため、チームは今年の冬季テストの大半を欠席した。

シーズン前には、通信会社スパイス・グループが率いるインドのコンソーシアムがチームの買収を交渉していたが、インド人ドライバーのナレイン・カーティケヤンをドライバーにするという条件つきだった。


「ホンダを説得して価格を引き下げることができれば、取引は復活するはずだが、チームは早急に解決策を見つける必要がある」


やっぱりHONDAかよ!!

↓励みになりますのでよければクリックしといたってください。

クチコミblogランキング TREview


趣味の検索エンジン&ランキング【シュミラン】
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
亜久里の命が… 吸われていきます…
もう…祈るしかないが…
スーパーアグリは伊達じゃない!ってところを見せて欲しいです。
ののたん 2008/04/18(Fri)14:56:38 編集
Re:亜久里の命が… 吸われていきます…
>ののたんさん
コメントありがとうございます!!マ・クデ大佐です。
『まだだ、まだ終わらんよ!!』
とまた奇跡を信じたいと思います!!
【2008/04/19 08:05】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
マ・クデ大佐
HP:
性別:
男性
職業:
システムエンジニア
趣味:
ガンプラ・F1・PCいじり
自己紹介:
ネオ・クラシカルギタリストとF1とガンダムと戦国時代を愛するマ・クデ大佐です。現在はインフラの仕事をしているがこれまで家電量販、ブランドの並行輸入会社、PCサポートと結構な渡り鳥振りを発揮する。mixiもしてますが、ここはF1中心でmixiでは書かないことを書いていこうと思ってます。リンク・相互リンクはいつでもOKです。よろしく!メカドック!!
励みになるので気に入ってくれた方は↓をポチッと押して下さいな。
©みんなでMyMiniCity
BlogMusic
FX NEWS

-外国為替-
最新コメント
バーコード
ブログ内検索

Copyright © まだだ、まだ終わらんよ…~SAF1はあと○年は戦える~ All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]