忍者ブログ
SAF1は撤退してしまいましたが、そのDNAを受け継いだF1界の侍・佐藤琢磨を応援するとともにF1ニュースやレース結果を中心に書き綴ります。 『まだだ、まだ終わらんよ…SAF1はあと○年は戦える!!』
[261]  [260]  [259]  [258]  [257]  [256]  [255]  [254]  [253]  [252
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ベルギーGPどころかその前のバリが勝ったレースすら見てないのですが、今回はなんだか面白そうですね。

FMotorsportsさんより
ベルギーGP ライコネン/フェラーリ今季初勝利飾る
結局フェラーリのライコネンが44周のレースを終え、今季初勝利。
2008年のスペインGP以来となる自身通算18勝目、またこれはフェラーリにとっても今季初の勝利となった。

2位はポールポジションからスタート、終始ライコネンを追い続けながらわずか0.919秒の僅差で大魚を逸したフォース・インディアのフィジケーラ。
しかし2位入賞はチームにとっても今季初であると同時に最高の成績となった。


むむむ…フォースインディアのフィジコ恐るべし…

ライコネンが勝ったって部分は退屈な今年のレースにとってよかったと思いますし、うちのカミさんも大喜びでしょう。
それ以上にフィジコのPP&2位フィニッシュはよかったんじゃないでしょうか?

マシンが進化したのか、マシンがベルギーのコースにベストマッチングしたのか、フィジコにとってベルギーは走りやすかったコースだったのかよくわかりませんが、万年最下位と思ってたチームがこの位置にいるのは面白いし、意外性があっていいと思います。

こんなことなら琢磨もフォースインディアに入っとけばよかったのに…と思いますなw

さてチャンピオン争いはバトンのリタイヤで縮まったかと思ったのですが、そんなに縮まってないみたいですね。
まぁどうでも良いです。

唯一の日本人の一貴は…どうでも良いです。
ってか来年TOYOTAエンジンをウィリアムズが使わないみたいなことを言っているのでこのまま行くと一貴は放出ですな。
とても残れるとは思えないです。
まぁ、どうでも良いです。

で、マッサの代理で走っているバドエル君ですが、今回も最下位。。。
こらひどすぎるなぁ。
何と唯一の周回遅れですやん。
次は無いですなw

こんなサイトがmixiの佐藤琢磨のコミュニティで紹介されてました。
http://www.ferrari.com/English/News/Pages/090827_F1_Waiting_list.aspx
フェラーリの席待ちの順序みたいなものですかね。
その中にちゃっかり琢磨が入ってますが、結構下のほうですね。

次は誰に代わるのでしょうか。。。
琢磨は今のところインディが濃厚のようですが、中継が少ないインディよりはF1で走ってもらいたいと思います。

政治でどろどろしてるF1よりはインディの方が楽しめるでしょうけどね。

とりあえずベルギーGPは今晩見るかどうするか決めますわ。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
TREview
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
マ・クデ大佐
HP:
性別:
男性
職業:
システムエンジニア
趣味:
ガンプラ・F1・PCいじり
自己紹介:
ネオ・クラシカルギタリストとF1とガンダムと戦国時代を愛するマ・クデ大佐です。現在はインフラの仕事をしているがこれまで家電量販、ブランドの並行輸入会社、PCサポートと結構な渡り鳥振りを発揮する。mixiもしてますが、ここはF1中心でmixiでは書かないことを書いていこうと思ってます。リンク・相互リンクはいつでもOKです。よろしく!メカドック!!
励みになるので気に入ってくれた方は↓をポチッと押して下さいな。
©みんなでMyMiniCity
BlogMusic
FX NEWS

-外国為替-
最新コメント
バーコード
ブログ内検索

Copyright © まだだ、まだ終わらんよ…~SAF1はあと○年は戦える~ All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]