忍者ブログ
SAF1は撤退してしまいましたが、そのDNAを受け継いだF1界の侍・佐藤琢磨を応援するとともにF1ニュースやレース結果を中心に書き綴ります。 『まだだ、まだ終わらんよ…SAF1はあと○年は戦える!!』
[176]  [175]  [174]  [173]  [172]  [171]  [170]  [169]  [168]  [167]  [166
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

オークションに出されていたスーパーアグリの資産の購入者が決まったそうです。

F1通信より
フォームテック、スーパーアグリF1の英国資産を獲得

カンポス氏ではなかったようです

買い取った企業はすぐにF1へ参戦するわけではなく、パーツ等の供給を行うようですね。

しかし、ついに無くなってしまいました…

寂しい限りです。

このブログもSAF1がピンチと言われだしてから活発に更新し始めたので、いろんな思いがあります(だから最近は更新が停滞気味…)

でも過去を思ってもしょうがない。これからの新しいことに目をどんどん向けていきましょう。

さて、肉野郎ことニック・フライ氏がTOYOTAに行くのでは?というなんだかよくわからないうわさが出てるそうです。

Formula Webより
フライ代表,トヨタへ移籍!?
ヨーロッパでは新たなキャリアとして『トヨタへ移籍するのではないか!?』と噂されている。ホンダは今シーズンから新代表としてR・ブラウンを抱えており,チームの主導権を譲った後での移籍先としてトヨタの名前が浮上したようだ。


頼むからこれ以上日本チームに食いつかないでくれ!!

TOYOTAファンでは無いけどやつが引っ掻き回しそうで、見ててウザくなりそうです。

しかし肉野郎は以前もロス・ブラウンの存在のせいでSAF1の代表に納まるかもなんて噂がありましたが、今回も同じような形で噂が上がりました。

うそかほんまかわかりませんが、火の無いところに煙は立たないという諺がありますから、まんざらうそでも無いかもしれません。

やつの動きは要チェックです。

※追記
先ほど本屋でF1 GRANPRIXを読んでたら、これまでの取材から推測したスーパーアグリ撤退について書かれてました。

昨年のSSユナイテッドの件が大きな原因ではあるのですが、スパイ事件で新たなスポンサーが敬遠して来難くなったこと、モンテイロ(持ち込み金約10億円強)ルカ・フィリッペ(約5億円強)などの持ち込み金ドライバーを採用したかったがHONDAが承認しなかったこと、何より弱小チームスーパーアグリが巨万の金額をかけて走っているHONDAよりも前を走っていたことが原因のようです。
そもそも日本のHONDAの思惑と肉野郎率いるHONDA F1の思惑がずれていたことが良くなかったように感じました(スーパーアグリは栃木研究所、HONDAはブラックリーで開発していた。HONDAはこれが面白くなかったとも書かれてました)。

それとスペインGPからトルコGPにかけてのやり取りについても書かれてましたが、スペインGPではHONDAがエンジン供給を拒否していたようで、バーニー・エクレストンが1チームが走れなくなるとF1のイメージが悪くなると言うことでHONDAにプレッシャーをかけて走れるようにしたようです。しかし条件としてスーパーアグリの第一債務者はHONDAであるという合意書にサインをせざるを得なかった。
このスペインGPには新たな救世主になるべく再登場したヴァイグル氏が訪れておりHONDAとの交渉を再開していた時でした。
スペインGP終了後、スーパーアグリのマシンはHONDAのファクトリーに送られました。これはヴァイグルとHONDAの交渉が締結した場合にすぐトルコGPに送るための準備だったそうです。
しかし肉野郎は、HONDAはヴァイグルをスーパーアグリの救世主になることを認めないだろうと予測し、スペインGPの二の舞(スーパーアグリが出れないことによって起きるF1のイメージダウンとHONDAへの影響でしょう)
を踏まないためにバーニーに電話しスーパーアグリを締め出すように話をしたとのことです。
案の定、HONDAはヴァイグルを認めず、結果撤退することになったということです。

HONDA無くしてスーパーアグリはありえなかったことは事実であり、感謝すべきところでしょうけど、結局はHONDA(日本のHONDAと言うよりは肉野郎寄りのHONDAでしょう)の焼きもちから始まったことのようです。

巨万の額を投じて相変わらずへっぽこな状態のHONDAと、限られた予算の中確実な進歩を遂げたスーパーアグリ。どっちが企業にとってのエコだったか?2年目にポイントを取ったため、どうしてもそっちに目をやりがちですが、参戦1年目の進歩は凄まじいばかりでした。4年落ちのマシンでこつこつ改良をして最終戦では他のマシンとも遜色ない戦いをしました。
またしてもこの話かと思われるかもしれませんが、どっちがレース屋らしく、HONDAらしいか(この言い方は語弊があるかも知れませんが)?
HONDAが相変わらずロス・ブラウンがいることで浮かれていますが、スタッフ全員がスーパーアグリのスタッフと同じように、同じ目標に向かって足並みが揃っているのか?
疑問があります。

スーパーアグリを切り捨ててまで結果にこだわったのだから、来季こそ本当の結果(運に助けられた優勝や表彰台ではなく実力の結果)が出せないとますますHONDAバッシングが高まるでしょう。


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
TREview
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
マ・クデ大佐
HP:
性別:
男性
職業:
システムエンジニア
趣味:
ガンプラ・F1・PCいじり
自己紹介:
ネオ・クラシカルギタリストとF1とガンダムと戦国時代を愛するマ・クデ大佐です。現在はインフラの仕事をしているがこれまで家電量販、ブランドの並行輸入会社、PCサポートと結構な渡り鳥振りを発揮する。mixiもしてますが、ここはF1中心でmixiでは書かないことを書いていこうと思ってます。リンク・相互リンクはいつでもOKです。よろしく!メカドック!!
励みになるので気に入ってくれた方は↓をポチッと押して下さいな。
©みんなでMyMiniCity
BlogMusic
FX NEWS

-外国為替-
最新コメント
バーコード
ブログ内検索

Copyright © まだだ、まだ終わらんよ…~SAF1はあと○年は戦える~ All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]