忍者ブログ
SAF1は撤退してしまいましたが、そのDNAを受け継いだF1界の侍・佐藤琢磨を応援するとともにF1ニュースやレース結果を中心に書き綴ります。 『まだだ、まだ終わらんよ…SAF1はあと○年は戦える!!』
[155]  [154]  [153]  [152]  [151]  [150]  [149]  [148]  [147]  [146]  [145
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スーパーアグリを撤退に追い込んだ張本人は肉野郎です。
間違いないでしょう。

FMotorsportsより
鈴木亜久里代表、N.フライについて微妙な対応
フライCEOは、スーパー・アグリがインド資本の支援を受けようとしてペイ・ドライバー(資金持ち込みドライバー)にインドのナレイン・カーティケヤンを起用しようとしたことに対し強力に反対してこれを破談に。
また今回のワイグル・グループによる救済話に対しても金額的に不十分として当初からメディアに対して不同意の姿勢を明確にしていた。

さらに今週イスタンブールのパドックにスーパー・アグリのトランスポーターが入場を拒否されたことについても、これはフライCEOが一方的にFOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)に同チームの不参加を通知したことによるものと海外メディアから報道されていた。

鈴木亜久里代表は、「ホンダは終始われわれの支援者だったが、しかしニック・フライはホンダのCEOではない」とだけ指摘して会見を終えている。
フライ氏のポジションはF1チームのCEO(最高経営責任者)であって、もちろんホンダ本社の役員ではない。


F1-Gate.comより
ヴァイグル、「ニック・フライがスーパーアグリとの交渉を妨害した」
ヴァイグルは、スーパーアグリとの交渉に際し、ニック・フライの妨害があったことを明らかにした。

ヴァイグル・グループのフランツ・ヨーゼフ・ヴァイグルは、スーパーアグリの財政救済に関するホンダ・レーシングF1チームのニック・フライの介入を非難した。

ヴァイグルは、ドイツ誌“Auto Motor und Sport”に「終わってしまった。政治の勝利だ。非常に残念なことだ」と語った。

「ニック・フライがあらゆることをしたことにより、我々の契約は成立しなかった。」と述べた。

またヴァイグルは、スーパーアグリ関係者との最初の交渉は1月に始まっていたことも明らかにした。

「残念なことに、フライ氏とリーチ氏(マグマ・グループ代表)が妨害した」と契約に関する背景を明かした。

鈴木亜久里は、F1からの撤退を表明した記者会見で、イスタンブールでのチームの締め出しや、ヴァイグル・グループとの買収契約を拒否したことに関するニック・フライの介入に関して、不快感をあらわにしていた。


ヴァイグルとの交渉は1月から行なわれていたとのことですが、肉野郎とマグマ大使のボスがそれを邪魔したとヴァイグルさんは語っています。


↑こいつがすべてぶち壊したといっていいでしょう。

HONDA F1の事情はわかるがスーパーアグリのバックボーンはあくまでも本田技研。こいつか関係ねぇよ!!

こいつが引きずり降ろされるまでとことん戦う所存です!!

『我々は一つのチームを失った。これは敗北を意味するのか?否!始まりなのだ!
上位チームに比べ我等がスーパーアグリの財力は30分の1以下である。にも関わらず今日まで戦い抜いてこられたのは何故か!諸君!我等スーパーアグリの参戦目的が正しいからだ!
肉野郎がHONDAワークスを支配して3年、亜久里代表らが新しいパートナーを持ってきて、何度肉野郎に踏みにじられたかを思い起こすがいい。スーパーアグリの掲げる、本当のF1の戦いを、神が見捨てる訳は無い。
諸君らが愛してくれたスーパーアグリは撤退した、何故だ!

諸君らはこの撤退を対岸の火と見過ごしているのではないのか?しかし、それは重大な過ちである。肉野郎は聖なる唯一のスーパーアグリを潰して生き残ろうとしている。我々はその愚かしさをHONDAのエリート共に教えねばならんのだ。
スーパーアグリは、諸君らの甘い考えを目覚めさせるために、撤退した!戦いはこれからである。

この悲しみも怒りも忘れてはならない!それをスーパーアグリは撤退を以って我々に示してくれたのだ!我々は今、この怒りを結集し、肉野郎に叩きつけて初めて真の勝利を得ることが出来る。この勝利こそ、スーパーアグリのスタッフ全てへの最大の慰めとなる。
国民よ立て!悲しみを怒りに変えて、立てよ国民!アグリは諸君等の力を欲しているのだ。
ジーク・アグリ!!』


アホと言われようとも、間違っていると言われようとも、ファンとして今はこういう気分です。


あと琢磨がHONDAで復帰か?と言う情報が出てますが、肉野郎がいる異常行ってほしくないですね。

F1-Gate.comより

佐藤琢磨にホンダ入りの可能性が浮上

佐藤琢磨にホンダ入りの可能性が出てきた。

スーパーアグリの撤退でF1のシートを失った琢磨だが、ホンダからの参戦を基本線に交渉が進められるという。

ホンダ関係者は、「具体的な話はこれから」とした上で、「ホンダとしては彼のこれまでの活躍ぶりは評価している」と、04年にBARホンダで日本人最高位タイの3位に輝いた実績を高く評価。「ファンの気持ちもあるし、処遇についてはしっかり考えていきたい」とドライバー交代について前向きな姿勢をみせた。

しかし、「今のレギュラードライバーを含め、そう簡単にはいかない」とも語っており、現実的に早急な回答は出ない模様。一部報道では、次戦モナコGP(25日決勝)までには何らかの結論が出るとされている。


噂はどうあれ、琢磨には早期に復帰してもらってスーパーアグリの仇討ちをしてもらいたいです!!

頑張れ琢磨!!

↓励みになりますのでよければクリックしといたってください。

クチコミblogランキング TREview


趣味の検索エンジン&ランキング【シュミラン】
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
なんか…
肉揚の野郎が「坊やだからさ」と笑ってそうですな(爆)

最後を「フリー・フライ、フリー・馬豚」にするとよりいいかも( ̄ー+ ̄)ニヤリッ
こめろんぐ URL 2008/05/08(Thu)13:42:39 編集
Re:なんか…
こめろんぐさん
いつもコメントありがとうございます。マ・クデ大佐です。
せっかくなのでどっかの親衛隊に引き抜いてもらったらいいと思います(笑)
そうすればHONDAに琢磨が帰ってきても安心できます。
ついでに馬豚も連れて行ってもらったらいいかなw
【2008/05/10 15:49】
無題
演説に感動しました。
ジーク マ・クデ!!
コンコンスコン 2008/05/08(Thu)15:30:50 編集
Re:無題
コンコンスコンさん
コメントありがとうございます。マ・クデ大佐です。
これからも叫び続けます!!
【2008/05/10 15:46】
無題
こんばんは。
SAF撤退は、すごいショックなニュースでした。
琢磨には、なんとかがんばってほしいです。
必ずまた表彰台に・・・
kenboy URL 2008/05/10(Sat)22:35:19 編集
Re:無題
>kenboyさん
コメントありがとうございます。マ・クデ大佐です。
非常に残念です。ぶっちゃけF1見る気力がなくなってます(といいつつ見てますけどw)。

>>琢磨には、なんとかがんばってほしいです。
>>必ずまた表彰台に・・・

ルノーのうわさが出てますので期待して待ちたいと思います。
【2008/05/19 09:46】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
琢磨、「もっともっと力強いレースを見せたい」と現役続行宣言!
スーパーアグリF1の終焉から2日。我らがエース・佐藤琢磨が自らの公式サイトにコメントを発表しました。 佐藤琢磨からのメッセージ スーパーアグリF1チームがF1から撤退したことが悲しく、残念だという以外に、いまの自分の気持ちを表す言葉は見つかりません。 チーム..
URL 2008/05/08(Thu)13:46:18
カウンター
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
マ・クデ大佐
HP:
性別:
男性
職業:
システムエンジニア
趣味:
ガンプラ・F1・PCいじり
自己紹介:
ネオ・クラシカルギタリストとF1とガンダムと戦国時代を愛するマ・クデ大佐です。現在はインフラの仕事をしているがこれまで家電量販、ブランドの並行輸入会社、PCサポートと結構な渡り鳥振りを発揮する。mixiもしてますが、ここはF1中心でmixiでは書かないことを書いていこうと思ってます。リンク・相互リンクはいつでもOKです。よろしく!メカドック!!
励みになるので気に入ってくれた方は↓をポチッと押して下さいな。
©みんなでMyMiniCity
BlogMusic
FX NEWS

-外国為替-
最新コメント
バーコード
ブログ内検索

Copyright © まだだ、まだ終わらんよ…~SAF1はあと○年は戦える~ All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]