忍者ブログ
SAF1は撤退してしまいましたが、そのDNAを受け継いだF1界の侍・佐藤琢磨を応援するとともにF1ニュースやレース結果を中心に書き綴ります。 『まだだ、まだ終わらんよ…SAF1はあと○年は戦える!!』
[225]  [224]  [223]  [222]  [221]  [220]  [219]  [218]  [217]  [216]  [215
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日『琢磨がレッドブルのリザーブドライバーにほぼ決定』との記事を見て喜んでましたが、琢磨本人から否定するコメントが…

FMotorsportsさんより
佐藤琢磨、レッドブル&トロ・ロッソには加わらず
『スクーデリア・トロ・ロッソ』との交渉がまとまらず2009年シーズンのF1シート獲得がならなかった佐藤琢磨だが、その後レッドブル・グループのディートリッヒ・マテシス/オーナーが示唆したとされるレッドブル&トロ・ロッソ両チームのリザーブドライバー就任について、これを受ける意志がないことを明らかにした。

『トロロッソもしくはレッドブルとのサードドライバー就任に関する交渉は、もはや行なっていません。
彼らと合意に至ることができなかったのはとても残念ですが、この先、何が起きるかはわかりません。
皆さんもご存知のとおり、僕は決して諦めることなく、これからも自分の将来にとってベストな道筋を探し求めていくつもりです。』
佐藤琢磨


ファンにとっちゃ天国から地獄ですil||li_○/ ̄|_il||li ナンテコッタ

やはり交渉において琢磨が納得いかんことがあったのでしょうか?
それともリザーブでも将来レギュラーシートを取れる可能性が無いことがわかったのでしょうか?

真相はわかりませんが、琢磨から『合意には至らなかった』というコメントが出ていますので、交渉するも条件が合わなかったと見るほうが自然ですね。




…でもこのタイミングで、しかも噂が出てすぐにコメントを出しているのは何か意図があるのでしょうか?





…今日は5日、元HONDAが体制発表をするのでは?と言われている日です。







…そんなことはありえないと思いつつも、希望を含めてもしかしたら…って考えてしまいます。







…つまりは元HONDA入り????








HONDAパワーで(と言うかお金を支援する条件として)琢磨をリザーブ(あわよくばSecドライバー)とかで入れたのでは????








…と勝手に妄想してます。









わずかな希望を持って…

まだだ、まだ終わらんよ…
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
TREview
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
琢磨 テストドライバー交渉を否定
琢磨 テストドライバー交渉を否定 〜F1シート復活に向けて活動を続ける琢磨だが、今回のリザーブドライバー報道を公式ページにて否定!これで、期待していたサーキットは先送りとなってしまった訳だが、琢磨自身「僕は諦めていないから、将来にとって最適な選択肢...
URL 2009/03/05(Thu)21:16:45
カウンター
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
マ・クデ大佐
HP:
性別:
男性
職業:
システムエンジニア
趣味:
ガンプラ・F1・PCいじり
自己紹介:
ネオ・クラシカルギタリストとF1とガンダムと戦国時代を愛するマ・クデ大佐です。現在はインフラの仕事をしているがこれまで家電量販、ブランドの並行輸入会社、PCサポートと結構な渡り鳥振りを発揮する。mixiもしてますが、ここはF1中心でmixiでは書かないことを書いていこうと思ってます。リンク・相互リンクはいつでもOKです。よろしく!メカドック!!
励みになるので気に入ってくれた方は↓をポチッと押して下さいな。
©みんなでMyMiniCity
BlogMusic
FX NEWS

-外国為替-
最新コメント
バーコード
ブログ内検索

Copyright © まだだ、まだ終わらんよ…~SAF1はあと○年は戦える~ All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]