忍者ブログ
SAF1は撤退してしまいましたが、そのDNAを受け継いだF1界の侍・佐藤琢磨を応援するとともにF1ニュースやレース結果を中心に書き綴ります。 『まだだ、まだ終わらんよ…SAF1はあと○年は戦える!!』
[244]  [243]  [242]  [241]  [240]  [239]  [238]  [237]  [236]  [235]  [234
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

中国GP2回目のフリー走行が終わりました。

FMotorsportsさんより
中国GPフリー走行2回目はバトン(ブラウンGP)が最速!
中国GPフリー走行2回目セッションは、ブラウンGPのジェンソン・バトンがトップタイムを記録して終えた。
そのタイムは1分35秒台に入り、すでに昨年のポールタイムを凌駕するものとなった。

その俊足ブラウンGP勢に割って入ったのがウィリアムズのロズベルグで、バトンからはわずかに0.025秒差。
これまで7回のフリー走行セッションで実に5回トップタイムを記録したロズベルグだが、ここでは涙を飲む結果となっている。

3番手にブラウンGPのバリチェッロ。
4-5番手にはレッドブルのウェバーとベッテル、6番手トヨタのトゥルーリ、そして7番手にウィリアムズの中嶋一貴、8番手トヨタのグロック、9番手マクラーレンのコバライネン、そしてトロ・ロッソのボーデがトップ10を締めくくった。

フェラーリ勢はマッサが12番手、ライコネンも14番手と低迷。
マクラーレンのハミルトンも13番手。
またルノーもピケが16番手、アロンソ19番手と苦戦した。

P No. Driver Nat. Car Tyre Best-LapT Km/h / Behind Lap
1 22 J.バトン GBR Brawn GP Mercedes B 1:35.679 205.098 35
2 16 N.ロズベルグ GER Williams Toyota B 1:35.704 0.025 36
3 23 R.バリチェッロ BRA Brawn GP Mercedes B 1:35.881 0.202 35
4 14 M.ウェバー AUS Red Bull Renault B 1:36.105 0.426 32
5 15 S.ベッテル GER Red Bull Renault B 1:36.167 0.488 22
6 9 J.トゥルーリ ITA Toyota B 1:36.217 0.538 42
7 17 中嶋 一貴 JPN Williams Toyota B 1:36.377 0.698 32
8 10 T.グロック GER Toyota B 1:36.548 0.869 40
9 2 H.コバライネン FIN McLaren Mercedes B 1:36.674 0.995 34
10 11 S.ボーデ FRA Toro Rosso Ferrari B 1:36.800 1.121 34
11 20 A.スーティル GER Force India Mercedes B 1:36.829 1.150 30
12 3 F.マッサ BRA Ferrari B 1:36.847 1.168 34
13 1 L.ハミルトン GBR McLaren Mercedes B 1:36.941 1.262 28
14 4 K.ライコネン FIN Ferrari B 1:37.054 1.375 33
15 12 S.ブエミ SUI Toro Rosso Ferrari B 1:37.219 1.540 34
16 8 N.アンジェロ・ピケ BRA Renault B 1:37.273 1.594 36
17 5 R.クビサ POL BMW Sauber B 1:37.491 1.812 34
18 6 N.ハイドフェルド GER BMW Sauber B 1:37.544 1.865 28
19 7 F.アロンソ ESP Renault B 1:37.638 1.959 28
20 21 G.フィジケーラ ITA Force India Mercedes B 1:37.750 2.071 31


マクラーレンの天下はわずか数時間で陥落しましたw

予想通りバトンがトップ、ロズベルグがブラウンGPの間に割り込む形です。
0.025秒差というきわどい戦いでした。
しかもバトンは昨年のポールラップを凌駕しているとのこと。

なんなんでしょうね。レギュレーションの変更ってw

でも一番の驚きは…

例のディフューザーを搭載していないレッドブルが4,5位に来ていることです。

エイドリアン・ニューイがレース返上で開発をしている2重構造のディフューザーが完成しマッチングがよければ今度はレッドブルがトップに来る可能性が高いと思われます。

そういう意味では楽しみですな。

あとおもろいところではやはりフェラーリとマクラーレンが下位にいること、しかもインドの力よりも下ってのがおもろい。

BMWはどうしたんでしょうね。何気に期待してたんですがセッティングが決まってないのでしょうか?

それともまた三味線を弾いているのか?

明日の予選がどうなるのか楽しみです。
特にアロンソ(えらいとこにいてますな)やフェラーリ、マクラーレン、BMWが何処まで上がってくるのか?
バトンの前にTOYOTAとウィリアムズのロズベルグは出れるのでしょうか(一貴は取り合えずトップ10に入らなあかんな)?

そしてピケJrは下位に沈むのでしょうか?

楽しみにしておきましょう。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
TREview
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
中国GP初日
中国GP初日 〜フリー走行1回目・2回目ともブラウンGPは相変わらずの好調を持続している。フリー走行1回目には、ハミルトンがトップ・タイムを刻みマシンがアップデートされ進化していることが伺われる。先の裁定でディフューザーが合法との判断が下され、各チ...
URL 2009/04/18(Sat)00:18:12
カウンター
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
マ・クデ大佐
HP:
性別:
男性
職業:
システムエンジニア
趣味:
ガンプラ・F1・PCいじり
自己紹介:
ネオ・クラシカルギタリストとF1とガンダムと戦国時代を愛するマ・クデ大佐です。現在はインフラの仕事をしているがこれまで家電量販、ブランドの並行輸入会社、PCサポートと結構な渡り鳥振りを発揮する。mixiもしてますが、ここはF1中心でmixiでは書かないことを書いていこうと思ってます。リンク・相互リンクはいつでもOKです。よろしく!メカドック!!
励みになるので気に入ってくれた方は↓をポチッと押して下さいな。
©みんなでMyMiniCity
BlogMusic
FX NEWS

-外国為替-
最新コメント
バーコード
ブログ内検索

Copyright © まだだ、まだ終わらんよ…~SAF1はあと○年は戦える~ All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]