忍者ブログ
SAF1は撤退してしまいましたが、そのDNAを受け継いだF1界の侍・佐藤琢磨を応援するとともにF1ニュースやレース結果を中心に書き綴ります。 『まだだ、まだ終わらんよ…SAF1はあと○年は戦える!!』
[246]  [245]  [244]  [243]  [242]  [241]  [240]  [239]  [238]  [237]  [236
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

思わず目を疑いましたが、あの名門コンストラクターのローラが来年F1に参戦するかもと言うニュースが飛び込んできました!!

FMotorsportsさんより
ローラ、2010年からにもF1復帰の可能性

同社が最初にF1フィールドに現れたのは1963年のことで、当時はクライマックス・エンジンを搭載、以来数次に渡る参戦を繰り返し、最後はフォード・エンジンを搭載した1997年のオーストリアGPを舞台にF1からは撤退していた。
最高位はいずれもジョン・サーティーズを擁した1962年の予選1位、決勝2位で、このマシンは後にホンダF1の母体になったと言われている。
またランボルギーニ・エンジンを搭載した1990年の日本GPでは鈴木亜久里氏が3位入賞を果たした。

復帰は2010年シーズンとみられていて、これについて現在のローラ社を率いるマーティン・ビラン会長は、「われわれはF3からA1GP、チャンプカー、F3000やフォーミュラ・ニッポンに至るまで、シングル・シーターのレーシングカーでことごとく成功を収めてきた。
当然今度はF1だろう。
なにしろわれわれには昔からF1のDNAがあるのだから。
また今回FIAが示した2010年シーズンからのF1コスト削減案が後押しになったのは事実。
財政はF1参戦にあたり大きな要素だからね」と、語っている。

エンジンはコスワースが予定されているということで、正式なF1復帰の表明は今後数週間以内にも行われる見通しと期待されている。


まさかとは思いましたが復活する気なんですねw
ローラと言えば馴染み深いところで亜久里さんが日本GPで3位表彰台に上った時のラルースを思い出します(写真は一昨年のイベントのやつかな?オーデットさんどうしてはるんやろう…)。

ラルースまでは良かったのですが、1993年にスクーデリア・イタリアに提供したシャシーは失敗作でテールエンダーに没し、1997年にワークスで
参戦をしましたが2台揃って予選落ち、その後すぐに後ろ盾だったマスターカードが資金援助を中止したためフォードへお金を払えずわずか1戦で撤退と言う恐ろしいチームでしたw

乗ってたドライバーもリカルド・ロセットとビンセント・ソスピリ(って誰?)と言うF1ではパッとしないドライバーですからしょうがないとは思いますが、あまりにもお粗末なチームでした。

気になる方はこちらを見てください。
B class paradise

今回エンジンはコスワースと交渉しているようでどんな体制で復活してくるのか?ドライバーは誰が乗るのか?その辺が注目です。
案外オーデットさんとか亜久里さん、琢磨がかみだしたりしてw

さてローラ以外のニュースを少し紹介します。

F1-Gate.comさんより
フォース・インディア、新ディフューザーをバーレーンGPで投入
「我々は、バーレーンGPで新しいフロアと暫定版を含めて重要な空力アップデートを導入する予定だ」とフォース・インディアのチーム代表であるビジャイ・マルヤは語る。


「またリアエンドの修正を取り入れるために、新しい補助ウイングをつけたフロントウイングと再構築したサイドポッドを使う予定だ。」

「今回のアップグレードは、VJM02をデビューさせた時から空力サイクルのスケジュールの一部として予定していたものであり、チームが順調に進歩していることを示している」

「他のチームも進歩することは予想しているが、今回のアップデートによって彼らとレースをしていくことができると期待している」


好きなチームじゃないですが、テールエンダーが飛躍すると言うことはうれしいことです。楽しみにしてます。

レッドブル、メルセデス・エンジンを検討
レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、来シーズンのためにメルセデス・とのエンジン契約を評価しているため、2010年に向けてルノーとのパートナーシップ延長に関する決定を急いではない。

中国GPでワン・ツー・フィニッシュを飾ったレッドブルは、ルノーとの継続を否定はしないものの、メルセデスとの交渉を進めているとされている。

「できればルノーエンジン継続がいいだろう。。エンジンはよく機能しているし、昨年の終わりに性能を調整することが許可されて、F1の他のエンジンに匹敵していると思う」

「最も強いエンジンとしておそらくメルセデスがあるが、ルノーがライバルから離れているとは思わない。」


今年のルノーエンジンは良いぞ。昨年はまじめに開発ストップを守ったので(多分HONDAも)フェラーリやメルセデスに遅れを取りましたが、今年はルノーがかなりいいと踏んでます。現に同じシャシーを使うトロロッソよりレッドブルのほうが今年は良いですからね。
無理にメルセデスにしなくってもルノーで良いんじゃないの?

あと寂しいお知らせが…

Formula Wabさんより
SAF1,公式ホームページが閉鎖
昨年5月,SUPER AGURI F1 TEAMは資金難からF1撤退を決めたが,F1撤退後も残していた公式ホームページが閉鎖された。

SUPER AGURI F1 TEAMの事業清算も終わっており,“日の丸コンストラクター”は静かに姿を消すことになる。


ついにHPがなくなりました。昨日アクセスしにいったら表示されなかったので、もしやと思いましたが…

でもSAF1と言う日本のプライベーターがいたこと、小さなチームが巨額の資金を投入して戦うチームに堂々と立ち向かったチームがいたことを忘れることは無いでしょう。
私もこのブログのタイトルは閉鎖するまで残します!!

さてまた今週バーレーンGPが始まります。注目は誰が勝つか?では無く崖っぷちと言われているピケJr始め、まぁまぁ王子、言い訳大王ブルデー(昨年に引き続き『新しいマシンは僕のスタイルに合わない』などといってます。プロストには『言い訳がましい』と言われてますw)、フィジコ(最近目立ちません)が結果を出せるのか?
ピケJrと琢磨の交代劇に繋がるのか?

その辺をじっくり見たいと思います。

まだだ、まだ終わらんよ…
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
TREview
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
F1復帰へ、それぞれの想い・思惑・・・
F1復帰へ、それぞれの想い・思惑・・・ 〜ローラはコンストラクターとして、元BARのD・リチャーズは新規チームを、マイク・ガスコインはフェラーリのコンサルタントとして、それぞれ2010年シーズンからのF1復帰をもくろんでいる。それぞれに違う形でのF1復...
URL 2009/04/24(Fri)00:23:48
カウンター
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
マ・クデ大佐
HP:
性別:
男性
職業:
システムエンジニア
趣味:
ガンプラ・F1・PCいじり
自己紹介:
ネオ・クラシカルギタリストとF1とガンダムと戦国時代を愛するマ・クデ大佐です。現在はインフラの仕事をしているがこれまで家電量販、ブランドの並行輸入会社、PCサポートと結構な渡り鳥振りを発揮する。mixiもしてますが、ここはF1中心でmixiでは書かないことを書いていこうと思ってます。リンク・相互リンクはいつでもOKです。よろしく!メカドック!!
励みになるので気に入ってくれた方は↓をポチッと押して下さいな。
©みんなでMyMiniCity
BlogMusic
FX NEWS

-外国為替-
最新コメント
バーコード
ブログ内検索

Copyright © まだだ、まだ終わらんよ…~SAF1はあと○年は戦える~ All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]