忍者ブログ
SAF1は撤退してしまいましたが、そのDNAを受け継いだF1界の侍・佐藤琢磨を応援するとともにF1ニュースやレース結果を中心に書き綴ります。 『まだだ、まだ終わらんよ…SAF1はあと○年は戦える!!』
[189]  [188]  [187]  [186]  [185]  [184]  [183]  [182]  [181]  [180]  [179
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

琢磨のトロロッソでのテストが決まり、来季向けてのシート獲得、あわよくばイタリアGP後から復活に向けて期待が高まる中、いろんな噂が立っています。

まずはBMWのハイドフェルド。
好調クビサの影ですっかり存在感が薄れているハイドフェルドですが、そのハイドフェルドのシートにアロンソが座り、ハイドフェルドは放出されトロロッソに収まるのではないかと言う話です。

これはアロンソがBMWを3年契約を結んだのでは?と言う噂から派生した話で、ベルガーさんも以前にベテランドライバーとしてハイドフェルドの名前を挙げていたことにもよります。

FMotorsportsさんより
佐藤琢磨のトロ・ロッソ・シート獲得に難関

ここには
トロ・ロッソのゲルハルト・ベルガー氏は、かねて「ベテランと新人の組み合わせがいい」としているが、F1での実績は明らかにハイドフェルドのほうが佐藤より上廻ることになる。
また、もし「KERS」(運動エネルギー回収システム)との兼ね合いもあってトロ・ロッソがドライバー変更と共にエンジン・サプライヤーを変更する場合でも、BMWエンジンであれば現状ホンダに劣ることはないという判断だ。


と書かれていますが、後記のKERSがらみのエンジン云々はすでにトロロッソがフェラーリエンジンと来季の契約を結んだので除外と思われます。

F1-Gate.comさんより
トロ・ロッソ、フェラーリとのエンジン契約を延長

しかし前記に関しては、ハイドフェルドのほうが確かに実績があり、琢磨よりもハイドフェルドを選ぶ可能性は高いでしょう。

しかし…

アジア(特に日本)で苦戦するレッドブル飲料の販促には琢磨はうってつけ。
ハードルは高いでしょうけど、メインスポンサーのレッドブルのことを考えると琢磨の選択肢のほうが高いと思ってます。
それに水面下でレッドブルに印象付けようと琢磨ファンがレッドブルを買いまくってアピール中ですしw

また琢磨のシート云々とは言われていませんが、以前噂があったインドの力+HONDAエンジンの組み合わせ話が再び出てきてます。

F1-Gate.comさんより
フォース・インディア、ホンダのKERSシステムを検討?
「パートナーであるフェラーリに頼んでいる。常識的な価格で提供してくれることを期待している。もし、そうでなければ問題だし、他を探さなければならないだろう」
「サプライヤーの可能性には困っていないがね。」

現在、フォース・インディアのフェラーリエンジンの使用料は1,000万ユーロ(約16億9,000万円)といわれている。ホンダの提示は、エンジンだけでなく、KERSシステムとのパッケージでこの価格を下回るとされている。


フェラーリよりHONDAの方がKERSシステム付きで低価格で話をしているのは以前からありました(琢磨抱き合わせで)。しかし新しいシームレスギアボックスが導入されるやいなや、この噂は消えました。

しかしここに来て再びこの話が出てくるとは…

今日昼間にF1雑誌を読んでたのですが、インドの力の首脳陣で亀裂が走っているとのこと。
マイク・ガスコインは戦闘力を挙げるのは当然として、きっちりリザルトを残せるドライバーを欲しているとのこと、しかしもう一人の人物(名前忘れた)はその現ドライバーを維持すると言ってるようです。
その二人の話に共通するドライバーがスーティル。
スーティルは13戦中8戦リタイヤ、フィジコは13戦中5戦リタイヤということでスーティルの完走率は50%以下。
正直どんぐりの背比べと思いますが、ガスコインは気に入らないんでしょうね。
もう一人の人物はスーティルと同じドイツ人ってこともあるんでしょうけど、スーティルを擁護しているようです。スーティルの持ち込む資金にも魅力があるんでしょうけど…

その噂にHONDAエンジンの話…


…もしかしたら琢磨と抱き合わせで供給しちゃうんでしょうか?



…いやひょっとするとアンソニー・デビッドソンと抱き合わせで供給しちゃう????


琢磨よりもアンソニー君の方が可能性が高いような気がしてきました。
何つってもスーパーアグリのどたばたの時にも資金持ち込みドライバーだったカーティケアンを許さず、アンソニー君に乗らせましたからありえる話です。

ましてや琢磨が仮にトロロッソで走るとなると、ますますアンソニー説が強くなりそうです。

すべて噂の域を越えないので決定打はありません。
キャスティングボードを握っているのはアロンソであり、アロンソ次第ですべてが動くはず…

そこに琢磨が巻き込まれず、トロロッソのシートに収まってもらいたいと思います。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
TREview
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
マ・クデ大佐
HP:
性別:
男性
職業:
システムエンジニア
趣味:
ガンプラ・F1・PCいじり
自己紹介:
ネオ・クラシカルギタリストとF1とガンダムと戦国時代を愛するマ・クデ大佐です。現在はインフラの仕事をしているがこれまで家電量販、ブランドの並行輸入会社、PCサポートと結構な渡り鳥振りを発揮する。mixiもしてますが、ここはF1中心でmixiでは書かないことを書いていこうと思ってます。リンク・相互リンクはいつでもOKです。よろしく!メカドック!!
励みになるので気に入ってくれた方は↓をポチッと押して下さいな。
©みんなでMyMiniCity
BlogMusic
FX NEWS

-外国為替-
最新コメント
バーコード
ブログ内検索

Copyright © まだだ、まだ終わらんよ…~SAF1はあと○年は戦える~ All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]