忍者ブログ
SAF1は撤退してしまいましたが、そのDNAを受け継いだF1界の侍・佐藤琢磨を応援するとともにF1ニュースやレース結果を中心に書き綴ります。 『まだだ、まだ終わらんよ…SAF1はあと○年は戦える!!』
[115]  [114]  [113]  [112]  [111]  [110]  [109]  [108]  [107]  [106]  [105
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

運命の10日から4日、マグマ大使との最終合意がまだの状態のスーパーアグリですが、新しいレーシングスーツが公開されました。

F1-Gate.comより
スーパーアグリ、新デザインのレーシングスーツで登場

スーパーアグリのドライバー、佐藤琢磨とアンソニー・デビッドソンは、13日にメルボンで行われたフォトセッションに新しいデザインのレーシングスーツを身にまとって登場した。

2008年のスーパーアグリのレーシングスーツは、昨年のホワイトから一転してブラックが基調。右上半身と腕周りにはイメージカラーのレッドのラインが入る。メーカーもスパルコ製からOMP製へと変更になった。


昨年までの赤白のレーシングスーツから赤黒に変わりました。

まさにジョニー・ライデンですw

なかなかカッコいいですね。引き締まってまって見えます。

しかし日の丸カラーでは無くなってしまったんですね。。。
マシンカラーもまだマグマ大使との最終契約が行なわれていないので今は昨年のカラーリングに黒のラインが入った感じになるでしょうけど、同意後はマシンも完全にジョニー・ライデンカラーになるんでしょうね。

カッコいいから楽しみなんですが、今後のスーアグの状態がそこに反映されてきそうなので心配でもあります。

実際スーアグの心配事は絶えません。といっても今まで見たいに財政難と言うことでは無く『スーパーアグリF1』というチーム組織の心配です。

FMotorsportsより
スーパー・アグリ、オーストラリアGPに首脳不在
とりあえずメルボルンには現れたものの、依然として今季のチーム体制が不明確なままの『スーパー・アグリ・F1』だが、今回ダニエーレ・オーデット氏が不在であることがわかった。

古くはもとF1チャンピオン・ニキ・ラウダのマネージャーという経験を持つオーデット氏(イタリア)は、鈴木亜久里代表とは日本GP3位入賞時、ラルースにエンジン供給したランボルギーニを率いていたという関係。
スーパー・アグリにおいてはチーム創設時からの最重要メンバーの一人でマネージング・ディレクターの肩書きを持ち、これまですべてのグランプリで指揮を執っていた。

海外メディアからは鈴木亜久里代表自身のポジションについても厳しい質問が浴びせられていて、これに対し同代表は「まだ決まっていない」と、明確にしていない。

F1通信より
スーパーアグリ、管理体制の改変へ
スーパーアグリの新オーナーは、来月管理体制の改変を予定しており、マネージング・ディレクター、ダニエレ・オーデットのチームにおける将来も危ぶまれている。

この契約は何ヶ月も財政難に苦しんだチームの将来を確保するものではあるが、情報筋は、契約の完了により、チーム構造の見直しもあるとしている。

マグマのマーティン・リーチ社長は、12日夜アルバートパークでスーパーアグリのスタッフに挨拶し、将来のビジョンを語った。

リーチは、その挨拶の中で計画の変更については発表しなかったが、特にオーデットのチームにおける将来が危ぶまれている。

オーデットは、先週末マグマの関与を発表した日本の記者会見に同席していたが、注目すべきことに、メルボルンのシーズン開幕戦には姿を見せていない。

彼は記者会見後オーストラリアGPではなく自宅に帰った。彼はこれまでスーパーアグリのレースを欠席したことはなかったので、これは重大な変化である。

リーチがチーム代表に就任し、鈴木が新しいポストに就くなどリーダーシップの変更に続いて、早い時期にさらに大きなチーム改変があると見られている。

モナコGP前にマグマはチームのイメージとマシンのカラーリングを変更すると見られている。ドバイ政府による融資を受けるため、チーム名が変更される可能性もある。


買収なので(亜久里代表はスポンサーと言わずにパートナーと言ってましたから間違いないです)チームカラーや体制が変わるのは致しかたないですし、ここまで財政難になったスーパーアグリの責任問題で首脳陣が責任を問われるのも最もでしょう。

しかし『純日本チーム』として産声を上げたチームがそうでなくなると言うことであれば忌々しき問題です。
10日のHONDAの記者会見では亜久里代表はそのまま、オーデット氏もそのままであったと思うのですが、事態は変わってきているようです。
この二人+琢磨がいてスーパーアグリなんで(と思ってます、あとファンの我々w)この体制が崩れるのは辛いです。
むしろもう少し猶予が無いのかとも思うのですが…


マグマ大使の総帥がどう考えているのか?

そこを紹介したとされる肉フライはどう考えているのか?

そしてマグマ大使の裏に潜む巨大な影…

F1通信より
スーパーアグリ買収の背後にドバイ政府
財政難に苦しむスーパーアグリのロンドンのマグマ・グループによる買収の裏にはドバイ政府がいたことが明らかになった。

メルボルンのオーストラリアGPでの噂によると、実際の融資はドバイ政府が所有する国際的な投資企業によるものであることをチームは2週間以内に発表するという。

ドバイからの融資により、スーパーアグリはホンダのカスタマーチームから、現在のコンコルド協定で要求されている完全な独立コンストラクターに転換することができる。

チームは買収が完了するまではコメントしないとしている。


中東マネーです。昔この力でウィリアムズは力をつけたと聞いたことがありますが、今回は事情が違うようですので不気味です。

いろんな情報が錯綜してますので正式発表が行なわれるまでは、あくまでも噂として書きますが、この状況を悪い方向では無く良い方向に持っていってもらいたい。。。
切に願います。

そうこうしているうちに1回目のフリー走行の結果が出てました。

FMotorsportsより
フリー走行1回目はライコネン(フェラーリ)!
そのメルボルンでの最初のセッションは、昨年の王者フェラーリのキミ・ライコネンが貫禄を示して制した。
これはセッションの最後にライバルであるマクラーレンのルイス・ハミルトンのタイムを0.487秒短縮して逆転したもの。
また3番手にマッサ、4番手にコバライネンと、早くも前評判の高かったフェラーリ&マクラーレンの2強4人がタイミングモニターの上位を占めたことになる。

5番手には地元で意気上がるレッドブルのウェバーがつけ、6番手にルノーに戻った元王者のアロンソ、以下BMWザウバーのクビサ、8番手にはトヨタの新鋭グロックが入って気を吐いた。
トヨタのもう一人トゥルーリも10番手と順調な滑り出し。

新人ではトロ・ロッソのボーデが14番手(ベッテルは9番手)、ルノーのピケは18番手。
途中13コーナーでコースアウトしたピケは赤旗中断の原因にもなった。
ホンダはバトンが11番手、バリチェッロが15番手。
インストレーションラップのあとほとんど走行のなかったスーパー・アグリは佐藤琢磨が19番手、デビッドソンが20番手。
同じく走行しなかったウィリアムズも中嶋一貴が21番手、有効な計測タイムすらなかったロズベルグは最後方の22番手に位置された。

第1戦オーストラリアGP金曜フリー走行1回目結果
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
01 K・ライコネン フェラーリ 1:26.461 25
02 L・ハミルトン マクラーレン 1:26.948 21
03 F・マッサ フェラーリ 1:26.958 25
04 H・コバライネン マクラーレン 1:27.114 19
05 M・ウェバー レッドブル 1:28.263 18
06 F・アロンソ ルノー 1:28.360 22
07 R・クビサ BMW 1:28.579 12
08 T・グロック トヨタ 1:28.913 16
09 S・ヴェッテル トロ・ロッソ 1:28.957 22
10 J・トゥルーリ トヨタ 1:29.014 23
11 J・バトン ホンダ 1:29.124 25
12 G・フィジケラ フォース・インディア 1:29.230 24
13 D・クルサード レッドブル 1:29.301 5
14 S・ボーテ トロ・ロッソ 1:29.363 32
15 R・バリチェロ ホンダ 1:29.533 17
16 N・ハイドフェルド BMW 1:29.561 7
17 A・スーティル フォース・インディア 1:30.155 13
18 N・ピケ・ジュニア ルノー 1:30.357 21
19 佐藤琢磨 スーパーアグリ 1:31.048 7
20 A・デビッドソン スーパーアグリ 1:31.771 7
21 中嶋一貴 ウィリアムズ 1:35.053 3
22 N・ロズベルグ ウィリアムズ no time 3


予想通りというか何と言うか、やはりライコネンがトップでハミルトンが続く形です。頑張ったのはグロックと馬豚かな?!
バリチェロはもうアカンやろ。
HONDAに潰されたとしか思われへんぐらいの落ちよう。
琢磨かアンソニーに席譲った方がいいかもよ!!(バリチェロファンの人すんません)
おっ!そう言えばスーパーアグリのマシンSA08が初走行しました。
カラーリングは暫定カラーですが、カッコいいぞぉ~
F1-Gate.com
スーパーアグリ、SA08で初走行!

SA08という名前ではあるが実質的には昨年のホンダRA107がベースとしたSA07B。だがRA107と比べると、BMWのような3枚のエレメントで構成されたフロントウィングを採用するなど、空力部分ではスーパーアグリの独自性が加えられている。


基本が昨年のオンボロボンボンのRA107なので予想通りのポジション(特にほぼシェイクダウンであり、セッティングを確認するフリー走行1回目なのでほんまにしょうがないです)ではありますが、独自エアロパーツなんかも導入し、改善を図っています。
良い結果は期待できないかも知れないですが、みんなを元気付けてくれる走りに期待しましょう!!

↓励みになりますのでよければクリックしといたってください。

趣味の検索エンジン&ランキング【シュミラン】
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
マ・クデ大佐
HP:
性別:
男性
職業:
システムエンジニア
趣味:
ガンプラ・F1・PCいじり
自己紹介:
ネオ・クラシカルギタリストとF1とガンダムと戦国時代を愛するマ・クデ大佐です。現在はインフラの仕事をしているがこれまで家電量販、ブランドの並行輸入会社、PCサポートと結構な渡り鳥振りを発揮する。mixiもしてますが、ここはF1中心でmixiでは書かないことを書いていこうと思ってます。リンク・相互リンクはいつでもOKです。よろしく!メカドック!!
励みになるので気に入ってくれた方は↓をポチッと押して下さいな。
©みんなでMyMiniCity
BlogMusic
FX NEWS

-外国為替-
最新コメント
バーコード
ブログ内検索

Copyright © まだだ、まだ終わらんよ…~SAF1はあと○年は戦える~ All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]