忍者ブログ
SAF1は撤退してしまいましたが、そのDNAを受け継いだF1界の侍・佐藤琢磨を応援するとともにF1ニュースやレース結果を中心に書き綴ります。 『まだだ、まだ終わらんよ…SAF1はあと○年は戦える!!』
[100]  [99]  [98]  [97]  [96]  [95]  [94]  [93]  [92]  [91]  [90
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日から出ているニュースでちょっと驚いたニュースが2つあります。

一つは、大した事無いように思っていたTOYOTAがテストでトップタイムをたたき出したこと。

FMotorsportsより
シーズン前テスト最終日、トヨタが最速タイム(2/27)
27日(水)、いよいよ今オフ最後のテストとなったバルセロナ、最終的にトップタイムを記録したのはなんと伏兵(?)トヨタだった。
『TF108』を駆ったヤルノ・トゥルーリは、ただ一人1分20秒台に入れる1'20.801のベストタイムを記録。
これまでロングランはともかく、自ら一発タイムがないとされていた『TF108』。
全体の合同テストで最速を記録したのはもちろん今回が初めてということになる。


昨年なんかもトップタイムをたたき出しながら不振だったTOYOTAなので、一概にはすごいと言えません。また燃料をどれくらい積んでいたのかもよくわかりませんので軽いタンクなら大した事無いし、フルタンで走っていたとすれば思わぬ伏兵となりうるでしょう。
ウィリアムズが好調なだけに本家としても頑張らないといけませんからね。

もう一つは、ロン・デニス解雇?というニュース。

FMotorsportsより
ロン・デニス氏、マクラーレン代表辞任の報
スペインの『マルカ』紙は、マクラーレン・チームのロン・デニス氏が代表の座を降りたと報じた。

ロン・デニス氏はFIAから『解任』された?
スペインから突如発信された『ロン・デニス代表辞任』のニュースだが、実は以前からその伏線はささやかれていた。
その原因は、昨シーズンF1を揺るがせたあの『スパイ疑惑事件』だ。
大手自動車メーカーの威信を賭けてF1に参戦しているメルセデス・ベンツ社にとって、こうしたスキャンダルは何より避けたいところ。
マクラーレン・グループの最大株主でもあるメルセデス首脳はこの件で厳しくロン・デニス氏の責任を追及したと伝えられる。

またもう一方の急先鋒はFIA(国際自動車連盟)のマックス・モズレー会長だ。
FIAはこの『スパイ疑惑事件』問題の結着にあたり、ロン・デニス氏に対し今シーズン開幕前の代表辞任を約束させていたと一部に言われていたもの。
両者の意向はかねてF1チームの運営に携わってきて誠実な性格でもあるマーティン・ウィットマーシュ氏を後任に起用することで一致したという。


マクラーレンの顔と言うべきロン・デニスがクビになったと言う噂ですが、あながち嘘とは思えない。
でも情報の出先がスペインなので、何となく嘘っぽい気がします。
ロンともめたり、ハミルトンと冷戦状態になったりして一年でマクラーレンを去らざるをえなかったアロンソ。
その影響でこの前のバルセロナテストでは露骨な人種差別をし国際問題まで発展したスペインが出している情報だけに、報復攻撃みたいな気がしてなりません。


まぁどうでもいい話ですけどね、ロンに関しては(笑



さてさて相変わらずHONDAとの交渉がどうなってんだかまったくわからないスーパーアグリですが、こんな情報が出てきました。

F1通信より
スーパーアグリ、ホンダのヘレス・テストに合流?
スーパーアグリは、過去2回の公式テストセッションと、今週スペインのカタルーニャ・サーキットで行われている最後の2008年のシーズン前テストをキャンセルしたが、事態が予定通りに進めば、オーストラリア・メルボルンシーズン開幕戦前に数日間のテストを実施できる可能性がある。

来週ホンダレーシングチームは、スペインのヘレス・サーキットで最終の単独テストを予定しており、鈴木亜久里とホンダ上層部との交渉がうまくいけば、グリッド最小のチームはテストに参加できるだろう。

世界中のファンが事態の早急な解決を望み、アルバート・パークのグリッドに22台のマシンが並ぶことを期待する中、チームの動向に注目が集まっている。


最終テストにも出れずぶっつけ本番で開幕を向かえる予定のスーアグですが、HONDAの単独テストに参加できるかも…って情報です。

でもやっぱり…



交渉がうまくいけばっていう話です(´Д`;)/ヽァ・・・



何かと『うまくいけば』と言われる最近のスーアグ。辛いところです。
でも最後の文面には
世界中のファンが事態の早急な解決を望み、アルバート・パークのグリッドに22台のマシンが並ぶことを期待する

と書かれているようにスーアグは単なる日本のちっちゃいチームでは無く、今や世界に知れる小さな巨人になっています。

なんとしても開幕にマシンを並べてほしい。

あ、この際ロン・デニスがクビになったら来てもらってSAF1を強化してもらうってのはどうでしょう。

あ~、来たら来たでうっとうしいいか。。。


追記
私が注目しているドライバー、エイドリアン・スーティルが『HONDAに勝てる!!』と意気揚揚としています。
FMotorsportsより
スーティル(F・インディア)、「ホンダに勝てる」
これは地元ドイツの『アドリボ・スポーツプレス』に語ったもので、「去年、このチームはグリッドの最後尾に埋もれたけれど、今年は違う。
新しい『VJM01』は間違いなくパフォーマンスが高く、いい戦いができる筈。
少なくともホンダより前に行けると確信しているね」と、意気軒昂なところをみせた。


スーティルは速いドライバーだから頑張ってほしいところですが、『チームは倒すべき相手インドの力』ですから複雑です。

…というかHONDAが頼んないマシンを作ってるからこんなこと言われちゃいうんだよ。『スーアグに勝てる』と言われてると同ランクの争いなのでまぁスーティルに言われてもしゃないかと思いますが、HONDAはもっと上にいなきゃいけないチーム。下位チームにこの言われようじゃ…

そろそろ責任とったら?肉フライさん!!

↓励みになりますのでよければクリックしといたってください。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
【F1】開幕前最後の合同テスト、トヨタがトップタイムで締め括る!
 2月25~27日、スペイン・バルセロナのカタロニア・サーキットにおいて、今季F1開幕前最後の合同テストが行われました。  今回のテストでトップタイムを記録したのは、初日(19台中...
URL 2008/02/29(Fri)07:24:14
F1バルセロナ合同テスト 3日間
シーズン前最後のF1合同テスト。 バルセロナを舞台に、F1マシンを開幕に向けて仕
URL 2008/02/29(Fri)19:22:50
カウンター
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
マ・クデ大佐
HP:
性別:
男性
職業:
システムエンジニア
趣味:
ガンプラ・F1・PCいじり
自己紹介:
ネオ・クラシカルギタリストとF1とガンダムと戦国時代を愛するマ・クデ大佐です。現在はインフラの仕事をしているがこれまで家電量販、ブランドの並行輸入会社、PCサポートと結構な渡り鳥振りを発揮する。mixiもしてますが、ここはF1中心でmixiでは書かないことを書いていこうと思ってます。リンク・相互リンクはいつでもOKです。よろしく!メカドック!!
励みになるので気に入ってくれた方は↓をポチッと押して下さいな。
©みんなでMyMiniCity
BlogMusic
FX NEWS

-外国為替-
最新コメント
バーコード
ブログ内検索

Copyright © まだだ、まだ終わらんよ…~SAF1はあと○年は戦える~ All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]