忍者ブログ
SAF1は撤退してしまいましたが、そのDNAを受け継いだF1界の侍・佐藤琢磨を応援するとともにF1ニュースやレース結果を中心に書き綴ります。 『まだだ、まだ終わらんよ…SAF1はあと○年は戦える!!』
[256]  [255]  [254]  [253]  [252]  [251]  [250]  [249]  [248]  [247]  [246
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

※今回はバリチェロに毒はいてますのでファンは読まないほうが良いです。

地上波でトルコGP見ました。
なんですか?あの最初の『F1天気予報』。
意味不明なんですけど。
いい加減下らん演出やめたら?フジTV。
途中の『宿命のサムライ』とか『HONDAイズムの継承者』とか来年から無くなりそうな予感の『KERS』の説明とかもういらんで(来年なくなったら単なる無駄遣いですわ)。
同じ説明ばっかりやからうざい。

文句は一旦置いといて、トルコGPですが、内容的にはバトンの優勝以外は楽しめた。
今回はピケJrが頑張ってバトってたのが印象的かな?
あとマァマァ王子は惜しかったと思います。
あのままピットストップで手間取ることがなかったらポイント取れたでしょう。
まぁ、運も実力のうちですので、まぁしょうがないか。

FMotorsportsさんより
バトン(ブラウンGP)、4連勝でトルコGPを制覇

トルコGP決勝レースは7日(日)イスタンブール・サーキットで行われ、フロントロウ2番手グリッドからスタートしたブラウンGPのジェンソン・バトンがポールポジションのベッテル(レッドブル)を下し、今季7戦6勝目、バーレーンGPから続く実に4連勝という快挙で勝利した。

2位はレッドブルのウェバー、3位も同じレッドブルのベッテル、4位トヨタのトゥルーリ、5位ウィリアムズのロズベルグ、6位はここで3連勝していたフェラーリのマッサ、7位BMWザウバーのクビサ、そして8位トヨタのグロックでここまでが入賞。
前戦モナコで不振だったトヨタはみごとW入賞で復活した。

以下、9位フェラーリのライコネン、10位ルノーのアロンソ、11位BMWザウバーのハイドフェルド、12位ウィリアムズの中嶋一貴、13-14位マクラーレンのハミルトンとコバライネン、15位トロ・ロッソのブエミ、16位ルノーのピケ、17位フォース・インディアのスーティル、そして18位トロ・ロッソのボーデまでが完走。
リタイヤしたのはブラウンGPのバリチェッロとフォース・インディアのフィジケーラの2台でブラウンGPのリタイヤは今季初。

中嶋一貴はこのレース確実に入賞圏内を走っていたが、最後のピットストップで痛恨のタイムロス、順位を大きく落とす結果となった。


はいはい。快挙ね。

バトンが強いと言うよりも周りがあまりにも不甲斐なさすぎ。
ベッテル一周目でミスってんじゃないの!!
速さはあるけどベテランにみられる落ち着きがないから何もかも台無しですわ。

せめてレッドブルにアロンソやライコネン、ハミチンあたりが乗ってたら防げたんじゃねぇの?って思っちまいました。

それ以上に見ててもうええよって思ったのが

アマチュアのバリチェロ

なんですか?あのスタートからのグダグダ。
同じマシンに乗ってるし唯一バトンとバトルできる存在なんだからもっとしっかり走れよ。

順位落としてからの走りも酷すぎ。
焦ってコバライネンと接触してスピンし、更に焦ってスーティルに突っ込んでウィング破損。
結局最後はガレージに車を入れてしまいました。
リタイヤの原因はギアボックスと言われてますが、やる気なくしたんじゃないの?

2004年のニュルで琢磨がバリチェロの突っ込んだ時に


『タクの動きはアマチュアだ』


って言ってましたが、あんたのほうがアマチュアでしょ。最多出場記録を持っているにもかかわらずあの走りはアマチュアとしか言いようがない。
なんだか見てて鬱陶しいだけですわ。
下位で頑張ってるもっと速さのあるドライバーにシートを上げたら?
スーティルトか

さて話は変わって来年参戦予定のチームから名門復活が相次いでます。
ローラ、マーチ、ブラバムの名前が挙がってます。
ブラバムの名前を聞いて、いろんな人があの名門の復活を希望しました。その名は


ロータス


かつてウィングカーやツインシャーシ、アクティブサスなど革新的なアイデアで黄金時代を気づいた名門中の名門です。
かつては中嶋悟氏がデビューで所属したチームであり、雨のアデレードでは戦闘力不足のマシンでファステストラップを日本人として始めて記録したチームです。
私は昔のJPSカラーのロータスが好きで、一時期タバコもJPSを吸ってましたw

そんなロータスの名前が復活すると言う情報が飛び込んできました。

FMotorsportsさんより
今度は『ロータス』の名前がF1に復活?

F1新規参戦に向けすでにエントリーの手続きを済ませたとされるイギリスのF3チーム『ライトスピードGP』が、F1レジェンドである名門『ロータス』の命名権を入手、『チーム・ロータス』として参加する構えであることを明らかにした。

2010年からのロータス名称権は現所有者であるデビッドハント氏からライトスピードが入手したということで、さらにドライバーのマネージメントについて、かつてロータスに在籍したジョニー・ハーバート氏の同チーム入りも明らかにされた。

天才と称せられた故コーリン・チャップマン氏によって1958年に設立されたロータスは、同名の市販スポーツカーで成功を収める一方、F1ではジム・クラーク、グラハム・ヒル、ヨッヘン・リント、エマーソン・フィティパルディ、マリオ・アンドレッティなど多くのチャンピオンを輩出して優勝79回、コンストラクターズタイトル7回を獲得。
またホンダ・エンジン搭載時にはアイルトン・セナ、中嶋悟らの在籍で日本にも馴染み深い。

いまのところの噂では、マーチ、ブラバムなどの名門も復活が期待されている。


本当のロータスでは無いですが、再びその名前がF1で聞けるのはうれしい限り。
ガスコインがいてるってのがいまいち気に入りませんが…

出来れば参戦を表明しているチームのほとんどが参戦できればいいと思います。
となると今は昔の『予選落ち』、下手すりゃ『予備予選』なんてのも復活するかな?(笑)

楽しみにしましょう。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
TREview
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
F1 トルコGP〜いつものバトン
フェラーリ&マッサが強いはずのイスタンブールパークサーキットでの第7戦、トルコGP。そのマッサは予選7番手に沈み、4年連続優勝はちょっと厳しそうな展開ですが、ポールはいつものバトンではなくベッテルがさらってくれたので、いつもとは違う展開をちょっと期待しての観戦...
URL 2009/06/08(Mon)13:35:07
カウンター
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
マ・クデ大佐
HP:
性別:
男性
職業:
システムエンジニア
趣味:
ガンプラ・F1・PCいじり
自己紹介:
ネオ・クラシカルギタリストとF1とガンダムと戦国時代を愛するマ・クデ大佐です。現在はインフラの仕事をしているがこれまで家電量販、ブランドの並行輸入会社、PCサポートと結構な渡り鳥振りを発揮する。mixiもしてますが、ここはF1中心でmixiでは書かないことを書いていこうと思ってます。リンク・相互リンクはいつでもOKです。よろしく!メカドック!!
励みになるので気に入ってくれた方は↓をポチッと押して下さいな。
©みんなでMyMiniCity
BlogMusic
FX NEWS

-外国為替-
最新コメント
バーコード
ブログ内検索

Copyright © まだだ、まだ終わらんよ…~SAF1はあと○年は戦える~ All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]