忍者ブログ
SAF1は撤退してしまいましたが、そのDNAを受け継いだF1界の侍・佐藤琢磨を応援するとともにF1ニュースやレース結果を中心に書き綴ります。 『まだだ、まだ終わらんよ…SAF1はあと○年は戦える!!』
[50]  [49]  [48]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41]  [40]  [39
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

来期のHONDA支援が打ち切られえるかも…と言われていましたが、無事来期は支援がいただけることが決定した我等がスーパーアグリ(以下SAF1)。

TopNews★レース速報より
HONDA、SUPER AGURIへの支援を継続

伝えられるところによると、HONDAの首脳陣が2008年もSUPER AGURIへの支援を続けることを決断したようだ。
資金的に困難な状況にあるSUPER AGURIの将来について、今週東京で話し合いが行われたとドイツの『Auto Motor und Sport(アウト・モートア・ウント・シュポルト』誌が報じている。
SUPER AGURIにエンジンとシャシーを供給しているHONDAは、2007年に同チームの予算に対しても数百万ユーロの援助をしていたことが知られている。
HONDAがSPER AGURIへの援助を打ち切るとの憶測が出ていたのに反して、会議では同チームを2008年もサポートすることが決定した



これで来期もF1を見る気が起きました






しかし気になる言葉も…

FMotorsprtsより
ホンダ、「スーパー・アグリ存続決定」と独誌
の最後の文面に
ただ、同誌は「これですべてがクリアになった訳ではなく、依然としてチーム売却などの可能性も含め今後の情勢については不明確な部分が残されている」とも伝えている。



まだまだ余談を許しません!!




また気になるストーブリーグですが、あの人気者『インドの力』ことフォース・インディアのシートが確定しました。

F1通信より
スーティルとフィジケラ、フォース・インディア2008年ドライバー決定
フォース・インディアのふたつ目のシートには、ルノーの元レース・ドライバー、ジャンカルト・フィジケラが座ることになった。

イタリア人のベテランF1ドライバーは、マクラーレンを離れてレッドブルに移籍したデイヴィッド・クルサードと同様の道をたどることになった。フィジケラはこの契約をキャリアの新たな段階を考えており、6人の候補者の中から選ばれたことに興奮している。

これによってフォース・インディアは、F1グリッドにおける初のインド・チームとしての最初のシーズンを速さのエイドリアン・スーティルと経験のフィジケラというドライバー・ラインアップで戦うことになる。



まぁ、何となく予測は付きましたが、フィジコがシートを獲得しました。フィジコも引退する歳ではないので頑張ってほしいですが、果たしてここでどう扱われるのでしょう。なんとなくエースはスーティルな気がしてますのでフィジコはカイロ状態かな?!

それはともかく、これにより元SAF1のドライバー左近が宙に浮きました。
左近と言えば巨万の資金(は言いすぎですが…)で昨年スパイカーのシートを得ました。
でSAF1のシートは未だ確定しておらず誰が乗るやらわからない状態です。
上記の記事の最後には『スーパーアグリの残り一つのシート』と書かれていたので琢磨が確定なのか?はたまた別ドライバーが確定なのかわかりませんが、シートが1個空いているのでペイドライバーと言われようが来て頂いてSAF1の救世主として君臨してほしいです。ついでに噂のあるルカ・フィリッペにはテストドライバーで入ってもらって資金を注入すると言うことで。

でもそうなるとアンソニーの居場所がなくなってしまうわけですが…


そんな中(どんな中かわかりせんが)こんな記事を発見しました。

F1キンダーガーテンより
ストーブリーグの行方
気になる琢磨と左近の去就
 スーパーアグリは、ルーベンス・バリチェロがホンダから移籍するという噂も完全には消火しきれていないが、一説には、バリチェロの契約の強固さから、ホンダから動くことはないのではないか、とも言われている。

 そうした状況で、スーパーアグリの候補リストに新たに加わったのは、2007年GP2シリーズ4位(中嶋一貴が5位)のルカ・フィリッピ。1000万ユーロ(16億円)のスポンサーを持ち込むということで急浮上したとされる。

 また、佐藤琢磨は、「確実なチーム体制」をチームに求めて交渉が進められており、依然、両者が納得できる回答を得るところまでたどり着いていない。両者を納得させるのは、新たなスポンサーか、それともさらなるホンダの支援か。

 しかし、中嶋悟がそうであったように、ホンダにとってのドライバー賞味期限を考えると、琢磨も安閑とはしていられない状況にあるとも言えそうだ。


と言う内容で、最後の方にHONDAの嫌な考え方が載ってましたがそれは今回ほっと置いて、未だにバリチェロの移動説、それに伴う琢磨のHONDA移籍説が出てます。詳しくはリンクをたどってソースを見てください。


とまぁ、来年は存続ができそうですがまだまだSAF1の危機は去ったわけではなく、来期は亜久里監督のこだわり『純日本製』を捨てて、海外からもスポンサーを集め、いつ何時HONDAに切られようとも生きていける状態を保ってほしい。

それと琢磨には今一度トップチームで戦って表彰台を狙ってほしい(残念ながら今のSAF1では不可能ですから)、ですが琢磨のいないSAF1はSAF1じゃないと思いますから残ってほしいし…



そんな複雑な思いを持ちつつ、私も今日から(厳密には昨日からですが)ブログ名も新たに、佐藤琢磨とSAF1を応援するブロガーとして支援していきます!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
マ・クデ大佐
HP:
性別:
男性
職業:
システムエンジニア
趣味:
ガンプラ・F1・PCいじり
自己紹介:
ネオ・クラシカルギタリストとF1とガンダムと戦国時代を愛するマ・クデ大佐です。現在はインフラの仕事をしているがこれまで家電量販、ブランドの並行輸入会社、PCサポートと結構な渡り鳥振りを発揮する。mixiもしてますが、ここはF1中心でmixiでは書かないことを書いていこうと思ってます。リンク・相互リンクはいつでもOKです。よろしく!メカドック!!
励みになるので気に入ってくれた方は↓をポチッと押して下さいな。
©みんなでMyMiniCity
BlogMusic
FX NEWS

-外国為替-
最新コメント
バーコード
ブログ内検索

Copyright © まだだ、まだ終わらんよ…~SAF1はあと○年は戦える~ All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]